入れ歯・インプラント治療

入れ歯とインプラントのメリット・デメリット

虫歯や歯周病、あるいは事故などで歯を失った場合は、失った歯の代わりになるものが必要です。それが、「入れ歯」や「ブリッジ」、最近では人気の高い「インプラント」です。入れ歯・ブリッジ・インプラントには、それぞれメリット・デメリットがあります。こちらでは、吉野町・南太田駅から通える歯科医院「カネマツデンタルクリニック」が、それぞれの特徴をわかりやすくご説明します。

インプラントと入れ歯、ブリッジの比較

  インプラント 入れ歯 ブリッジ
 
失った歯の顎の骨にインプラント体(人工歯根)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療です。

失った歯のかわりに、入れ歯を利用することで歯の機能を補います。失った歯の状態によって、総入れ歯と部分入れ歯があります。

失った歯の両隣の歯を削って、それを土台にして橋のように人工歯をかける治療法です。



  • 周囲の歯に負担をかけません。
  • 見た目がきれいです。
  • インプラントを顎に埋め込むので、天然の歯と同じ感覚で、しっかり噛むことができます。
  • 生体親和性の高いチタンを使用するので、金属アレルギーのリスクが低くなっています。
  • 保険適用の入れ歯は安価で製作できます。
  • 治療がシンプルなため、短期間で完了します。
  • 様々な症例に利用できます。
  • 材料によっては保険適用となり、安価に治療ができます。
  • 入れ歯に比べて見た目が自然で、噛むときの違和感が少なくなっています。





  • 保険適用ではないので、治療費が高額になります。
  • 外科的な手術が必要です。
  • 治療期間が長い傾向があります。
  • 顎の状態、あるいは全身の健康状態によっては、治療ができないケースがあります。
  • 見た目が気になる場合があります。
  • 違和感が生じることがあります。
  • 食べものの種類によっては、噛みづらい場合があります。
  • バネをかけるタイプの部分入れ歯は、かける歯に負担がかかります。
  • 日々のお手入れや歯科医院での調整が必要です。
  • 失った歯の両隣の歯を削るため、それらの健康な歯に大きな負担がかかります。

入れ歯の痛みや違和感は我慢せず、すぐに受診してください

入れ歯はインプラントやブリッジに比べて治療がシンプルなため、治療期間が短く、患者様の身体にかかる負担を最小限に抑えられます。一方で、口腔内環境の変化にともない、お口に合わなくなってしまうこともあります。そのままの状態で放っておくと、

などの不具合が生じることがあります。

「入れ歯の痛みや違和感は、ある程度仕方がないもの」と我慢せず、できるだけ早く当院にご相談ください。調整や修理によって、ご不満を解消できる可能性があります。

ワンランク上の「噛み心地」と「美しさ」 ~最新の入れ歯という選択~

最近では様々なタイプの入れ歯が誕生しています。新しい技術を駆使することで、「快適な噛み心地」と「見た目の美しさ」を追求することが可能になりました。患者様一人ひとりのお口の状況に合わせた、ワンランク上の入れ歯で"お食事や会話を、心から楽しむ毎日"を過ごしてみませんか?

自分の歯のように噛めるインプラント治療

インプラントは比較的新しい治療ですが、その噛み心地や見た目の美しさが評価され、最近では希望される患者様も増えています。しかし、インプラント治療にもメリット・デメリットがあり、それを理解したうえで治療を受ける必要があります。

メリット デメリット
  • 入れ歯(バネ固定式)やブリッジのように、周囲の歯に負担をかけることはありません。
  • 天然歯と見わけがつかないくらい、美しい見た目が特徴です。
  • インプラントを顎に埋め込むため、天然歯と同じような噛み心地を実現できます。
  • 失った歯の本数に関係なく治療ができます。
  • 定期的なメインテナンスを受けることで、長く快適に使用できます。
  • 保険が適用されないため、治療費が高額になる傾向があります。
  • 手術が必要なので身体に負担がかかります。
  • 顎の骨の状態や身体の疾患などによって、治療ができない場合もある。
  • 治療期間が6ヵ月~1年と長くなります。
  • インプラント周囲炎を起こす可能性があります。
    ※ただし、定期的なメインテナンスを受けることで、発症リスクを下げることができます。

35.43398343781153,139.61498974603273

カネマツデンタルクリニック

35.4332841,139.61486100000002